バストアップクリームの日本と海外の違い

キービジュアル

バストアップクリームの日本と海外の違い

日本と海外の美容は違うのか気になりませんか?今回はそんな美容の中でも、バストアップクリームの日本と海外での違いがあるのか比べてみました。

まず、バストアップクリームの見た目についてです。バストアップクリームの見た目については、海外と日本ではそれほど大きな違いは無いようです。日本のバストアップクリームも海外の製品も、一般的なスキンケアクリームのような容器に入っていて、中身は半透明やミルクの様なジェルとなっています。

バストアップクリームそのものの見た目は違いませんが、広告などをみると、日本のバストアップクリームはイラストで成分の説明がしてあることが多いですが、海外のバストアップクリームはリアルなCGを使って成分説明をしているものが多いようです。これは文化の違いですかね。

バストアップクリームの使い方も、海外と日本で共通点と違う点があります。

共通点は、マッサージをしながら塗るという方法です。外側から上に向かって優しくマッサージするという方法も、海外と日本のバストアップクリームで共通しています。

違う点は、海外の場合は、バストアップクリームを塗る前に乳房を温めると、バストアップクリームの効果が出やすいと言われていることです。

これは、毛穴が広がることでクリームの成分が奥まで浸透しやすくなる効果があるためのようです。

海外の情報だと、このようにまだ日本にない情報が見つかることもあるので、時々翻訳ソフトなどを使ってチェックしてみるのも良いかもしれませんね。
copyright(C)恋愛パートナー悩み相談